Blog
Top Profile Schedule Discography
Biography Blog Link
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
ブログパーツUL5
太鼓のロクさん 
 僕の父 桑山真弓にとって先輩であり、音楽仲間を超え親友でもあった和太鼓奏者 高田緑郎さんが亡くなったとの訃報が届きました。

僕は幼いころから ステージに立つロクさんの姿や 父と一緒に演奏するロクさんの太鼓を何度も聴いておりました。

いつも一生懸命 絶対に手を抜かない  汗をびっしょりと掻きながら一心不乱にバチを振るロクさんの演奏は聴くたびに鳥肌が立ち、自然と涙がこぼれる演奏でした。

父とも親交が深く 自宅にも何度も泊まりに着てくれた記憶があります。




(写真は明峰振興会さんのブログより)

いつも どんな時でも 笑顔を絶やさず 誰に対しても優しい 心の広い方でした。

僕が小学生のときも大人になってからも アコーディオンの演奏を聴いた後には必ず ニコニコの笑顔で 「てっちゃん ありがとう、ありがとう、素晴らしかったよ!」 と優しく声をかけて大きな手でしっかりと握手してくれました。

北海道を愛し 羊蹄山や倶知安の町を愛し そして誰よりも太鼓を愛したロクさん。

「俺はさぁ かーちゃんのおなかの中に居た時からずーっと太鼓を叩いてたんだよ〜」

「生まれたときには 太鼓のバチを握ってたのさ〜」という口癖が まるで昨日の事のように思い出されます。

多分 天国に行っても 豪快に笑いながら ドンドンドン、ドンドドドン!と太鼓を叩いていることでしょうね。

みんなの人気者 ロクさん

あなたのように 人に笑顔と元気を与えることの出来る音楽家になれるように これからも精進いたします。

ご冥福をお祈りいたします。

桑山哲也

posted by: 桑山哲也 | 音楽 | 02:57 | comments(4) | - |
文面とお写真でロクさんの太鼓の響きが伝わってくるようです。

>自然と涙がこぼれる演奏〜と桑山さんを唸らせた演奏〜どんなだったのでしょう。

大きな存在の方を亡くして、さぞやお力落としと思います。

桑山さんは確実に人に笑顔と元気を与えて下さる音楽家になられています。
桑山さんも「かーちゃんのお腹にいた時から
アコーディオンを弾いていた!」と思いますよ。

ロクさんのご冥福をお祈りいたします。
 合掌〜
| Fado | 2010/02/26 12:04 PM |
明峰振興会の森谷と申します。
遅くなりましたが、明峰振興会のHPを
見ていただきありがとう御座いました。

当会は、創作和太鼓、民謡、三味線、
尺八の各会が集合された団体です。

私は、都山流尺八、民謡尺八、及び
羊蹄太鼓には及びませんが、創作和太鼓の
作曲を行っております。

是非、仲良くしてやってください。
宜しくお願い致します。
| 森谷 浩一 | 2011/04/25 7:57 PM |
森谷 さま
コメントありがとうございます。桑山哲也です。ロクさんのお写真を使わせて頂きありがとうございました。 ロクさんには本当にお世話になり、今でもあの笑顔と声が昨日の事のように思い出されます。 ロクさんに恥じぬよう僕も更に頑張ります。
父 桑山真弓も北海道各地の郷土芸能の保存と継承のお手伝いとして、ご当地の太鼓の曲を譜面におこしたり、新しい曲を作る活動をしておりました。僕も北海道民として将来的には故郷の音楽文化に貢献したいとも思っています。
こちらこそ今後とも宜しくお願い致します。
| ブリトニー | 2011/04/25 9:04 PM |
今、HPを見ていてメールしました。太鼓のロクさんが亡くなられる前より「太鼓のロクさん」のブロンズ像を作り、倶知安駅に設置しょうと運動をしてまいりました倶知安羊蹄太鼓保存会の幹事長打越と申します。ロクさんの制作はもう少しで出来上がるところまで来ているのですが資金がまだ足りなくチラシを折り込んだり、ロクさんに御縁のある方、倶知安町に御縁のある方にお願いをしております。桑山先生のお話は生前ロクさんから聞いておりました。初めてのメールで大変申し訳ありませんが、先生のHPや音楽関係の方々にご協力いただけないでしょうか
ロクさんのチラシや趣意書など添付したいと思ったのですが添付できないので、もしよければ送りたいのですが‥
よろしくお願いいたします。
倶知安町 羊蹄太鼓保存会 打越賢治
| 打越賢治 | 2015/03/20 8:08 PM |









Copyright(c) 2006 Tetsuya Kuwayama Official Site All rights reserved.