Blog
Top Profile Schedule Discography
Biography Blog Link
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
ブログパーツUL5
京都でお会いしましょう♪
 5月24日に京都で行う 加藤登紀子さんのコンサートで音楽監督を務めさせていただきます!
昨年 大好評だった 東京オーチャードホールのコンサートをさらにパワーアップ
ピアフの生涯を人生を ピアフへの想いを 是非会場でお聴き下さい。
シャンソンファンならずとも必聴のコンサートです


 
エディット・ピアフが生きた時代を
加藤登紀子が春秋座で語り、歌い綴る
 

昨年7月、東京オーチャードホールにて、加藤登紀子はエディット・ピアフ没後50年に因んだコンサートを行ない、シャンソンの神と讃えられたピアフそのものに化身して、彼女の人生を歌い綴りました。
そのオーチャードホールで1部にまとめられたピアフのテーマを、このたび、中身を膨らませてコンサート全編にわたりおおくりします。
ドイツ出身で、その後アメリカに渡り大女優となったマレーネ・デートリヒ。彼女はピアフが亡くなるまで、最も深い友としてピアフを支えました。
このピアフとデートリヒを繋ぐストーリーを加藤登紀子は語り部となって演じ、語り、歌い、モノオペラとしてお届けします。
そもそもこの2人と加藤とは、偶然というより運命的なつながりを感じざるを得ません。1901年12月27日に生まれたデートリヒと加藤は誕生日が同じ。加藤の母は、1915年パリで生まれたピアフと同年の生まれ。さらに、ピアフが他界した1963年の翌年に加藤は歌い始め、1965年に歌手デビュー。そして、来年ピアフ生誕100年の年、加藤登紀子は歌手生活50周年を迎えます。その記念すべき来年に先駆けて、今年5月春秋座では彼女の音楽の原点であるシャンソンを見つめ直し、長年温めてきたこの集大成を繰り広げます。
風薫る季節、ご夫婦、ご家族、恋人や友達とご一緒に、パリの夜のムードをかもしだし、情熱がほとばしる加藤登紀子の歌声に酔いしれて下さい。
 
 
2
 


 
 
 
 
 
加藤登紀子 春秋座コンサート ─モノオペラ「ピアフの生きた時代」を語り歌う─
公演概要
【日時】 5月24日(土)16:30開演 (16:00開場)
【会場】 京都芸術劇場 春秋座 (京都造形芸術大学内)
【出演】 加藤登紀子
脚本・演出・全訳詞・歌】 加藤登紀子
【音楽監督】 桑山哲也 (アコーディオ二スト二スト)
 
【料金(全席指定)】
一般 ¥6,000
シニア ¥5,500
京都芸術劇場友の会 ¥5,000(先行発売あり・年会費¥2,000
学生&ユース席 ¥2,500(座席範囲指定あり)
※シニアは60歳以上、ユースは25歳以下  ※シニア・学生・ユースは要身分証明書の提示
 
【チケット発売日】
友の会先行: 3月4日(火)10時〜 / 一般発売: 3月5日(水)10時〜
 
【チケット取扱い】
○京都芸術劇場チケットセンター tel 075-791-8240 (平日10:00〜17:00)
○劇場オンラインチケットストア ※要事前登録(無料)
PC http://www.k-pac.org
携帯電話 http://www.k-pac.org/theatre/m/m
○アクティブKEI tel 075-255-6586 (平日9:30〜18:00)
○チケットぴあ http:// t.pia.co.jp (Pコード:200-887
○イープラス http://eplus.jp
○京都新聞文化センター(京都新聞社1F) tel 075-256-0007(窓口のみ/平日10:00〜17:00)
○京都滋賀各大学生協プレイガイド
※学生&ユース席は京都芸術劇場チケットセンター、劇場オンラインチケットストア、大学生協のみ取り扱い。
※車椅子をご利用のお客様・足の不自由なお客様は、お電話にてお申込み・お問い合わせ下さい。
075-791-8240(京都芸術劇場チケットセンター)
※劇場2階席への移動は階段のみとなります。
 

【企画制作】 トキコプランニング
【協力】 アクティブKEI
【後援】 KBS京都、京都新聞、エフエム京都、ユニバーサルミュージック、登紀子倶楽部
【主催・お問い合わせ】 京都造形芸術大学 舞台芸術研究センター TEL:075-791-9207
 
posted by: 桑山哲也 | 音楽 | 05:21 | comments(1) | - |
どんな素敵な舞台になるのでしょう。楽しみですね。

昨日 厚木に出かけて 桑山さんの演奏を聴かせていただきました。 すっきりされていらっしゃいましたね。スゴイ!
| Fado | 2014/03/03 6:05 AM |









Copyright(c) 2006 Tetsuya Kuwayama Official Site All rights reserved.